ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

35歳を超えても結婚のチャンスはあるの?

35歳以上の男女が結婚相手に出会うために必要な心構えとは?

35歳以上の男女が結婚相手に出会うために必要な心構えとは?

35歳を超えると、アラサーからアラフォーへと区分が変わります。四捨五入して30か40かという差は想像以上に大きく、婚活市場での扱われ方も違ってきます。アラフォー男女が婚活を成功させるには、しっかり現実を見据えた上での地道な努力が欠かせません。 本記事では、アラフォー男女が結婚相手に出会うための心構えについてご紹介します。

アラフォー男女にだってチャンスはある!

婚活市場において、35歳はひとつのメルクマールとなります。

以降アラフォーと呼ばれるようになる35歳は節目の年であり、年齢で足切りされやすいといえるでしょう。

女性の場合、35歳以上での出産は高齢出産と定義されることが一般に広く知られるようになったことの影響も大きいはずです。

35歳を超えると婚活で苦戦しがちなのは否定できませんが、決して結婚の可能性がないわけではありません。

35歳を超えてからの婚活で運命の相手と出会うための4つの心構えを見ていきましょう。

①受け身の姿勢を改める

アラフォーまで独身を通すことになった原因は人それぞれです。

職場で出会いがなかった場合などは、積極的に婚活することで結婚への道が開ける可能性もあります。

最も根が深いのは、結婚できない原因が本人の性格に潜んでいるケースです。

特に気をつけたいのが「受け身」という特徴です。

世話好きの親戚が縁談をセッティングしてくれた時代はとうに終わり、現代人は自力で結婚相手を探さなければなりません。

男女共に受け身の姿勢が固定化してしまっている人は、何もしなくても異性が寄ってくるような魅力的な人でない限り、恋愛を経験することさえ難しいでしょう。

ましてや結婚となるといっそう困難です。

受け身の姿勢の背後には、ふられて恥をかきたくない、傷つきたくない、自分からガツガツいくのは恥ずかしいので相手から来てほしいといった気持ちが隠れています。

根本にあるのは肥大したプライドです。冷静に考えてみれば、

「ふられて傷つくのはイヤ。でも相手が傷つくのはべつに構わないから、好みでない人がアプローチしてきたら遠慮なくふる」という心理は少々身勝手ですよね。

何事もリスクなしに成果を得ることはできません。

「傷つきたくない」などと言っている場合ではないのです。

受け身を自覚する人はまず、好意を持った人に自分の気持ちを伝える努力をすることから始めましょう。

慣れてきたら自分から連絡する、デートに誘ってみるなど、自分から動く姿勢を意識してくださいね。

②条件面で選り好みをしない

年収や年齢、学歴、容姿など、結婚相手に求める条件は誰しもあるはず。

これだけは絶対に譲れない!という条件がある方もいるでしょう。

しかしアラフォー婚活の成功を阻むのは厳しすぎる条件設定だといっても過言ではありません。

年下を希望しているアラフォー男性は、運命の相手がひとつ年上かもしれない可能性を完全に見落としてしまっています。

条件のバッチリ合う人と会っても、恋に落ちるとは限りませんよね。

男女としての相性と年齢や年収などのスペックは必ずしも相関関係がないからです。

普通の恋愛では、条件の枠を外れたところで恋が始まることを思い返してみてください。

恋愛の決め手となるのは、年収や年齢など数値化できるものではなく、相性というデータ上では判断できない要素なのです。

恋愛には相性という変数が関わる以上、条件検索をして相手候補を探し恋愛できそうな相手を絞り込んでいくという定番のやり方は必ずしも効率的ではありません。

それならいっそのことすべての条件を取り払い、相性のみを判断基準にしてみてはいかがでしょうか。

いちど好きになってしまえば、条件面で折り合わないところも不思議と気にならなくなるものです。それが婚活における“妥協”の本当の意味です。

③自分を磨く努力を怠らない

努力を放棄しない限り、人間はいくつになっても成長することができます。

婚活においても然り。若さでは戦えないアラフォー婚活では、今より一段魅力的になりたいという意志を持ち続ける姿勢が大切です。

容姿の若々しさは年齢と共に衰えていくのが自然の摂理なのですから、アラフォーは中身を磨くしかないのです。

若いうちは未熟なところさえ初々しさという美点になりえますが、アラフォーともなるとそうはいっていられません。

内面の成長が年齢に追いついていない人は、ただの未熟なアラフォーでしかないというのが現実です。

今の自分に足りないものを洗い出し、改善する努力をしましょう。

食事のマナーやデートのエスコート、ファッション、コミュニケーション術など交際に関するスキルから、執着心や不安感の克服など感情のコントロールに関するスキルまで磨くべき部分はまだまだたくさんあるはずです。

自分を磨く努力の根底にあるのは謙虚さです。

常に自分自身を省みる姿勢が身につけば、相手に高望みすることは自ずとなくなります。

婚活を通じてもっと成長していきたいという素直な気持ちを大事にしてくださいね。

アラフォーにはまだまだ伸びしろがある

いかがでしたか?

婚活市場では不人気と思われがちなアラフォーですが、運命の相手と出会えるかは自分の心がけ次第だとおわかりいただけたでしょうか。

アラフォー婚活では往々にして、「この年まで独身を通してきたのだから一切妥協はしたくない」「理想通りの相手と出会えなかったらいっそ一生独身のほうがマシ」という見栄やプライドが結婚への障害となります。

人間は歳を重ねるにつれこだわりが強くなったり頑固になったりするものですが、婚活を成功させたければもっと自由に、もっとしなやかに、もっと軽やかな気持ちでいなければなりません。

いくつになっても精神の若々しさを忘れず、幸せな結婚をつかんでくださいね。