ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

オトナの婚活は1年で勝負!

アラフォー女性が1年以内に結婚する方法

アラフォー女性が1年以内に結婚する方法

婚活は時間もお金もエネルギーも消耗するもの。できるだけ早く卒業するにこしたことはありません。出産や育児のことを考えると、とりわけアラフォー女性はできるだけ早く相手を決め、成婚するのがベストです。ここでは、アラフォー女性が1年以内に結婚するためのポイントを見ていきましょう。

アラフォー女性の婚活は1年で結果を出そう

婚活するアラフォー女性にとって、成婚は早ければ早いほど良いのは言うまでもありません。

早期成婚の第一の秘訣は、婚活に期限を設けることです。

「1年で必ず相手を見つける」と決意し、婚活をプライベートの最優先事項にしましょう。

アラフォー女性が早期成婚を果たすには、婚活に最も多くの時間を割くのと同時に、婚活を中心に物事を考えるようにすることがポイントです。

本記事では、アラフォー女性が1年で成婚する秘訣をご紹介します。

①男性に好まれる見た目を意識する

婚活パーティーでもマッチングアプリでもお見合いでも、入り口は「顔」であることは共通しています。

特に女性の場合、年収や職業、学歴はさほど重視されない一方で、年齢と容姿はシビアにチェックされるのが現実です。

顔よりも中身を見てほしい!というのは至極もっともな主張ですが、婚活においては甘すぎるスタンスなのです。

ルックスをとことん磨く

年齢で不利なアラフォー女性が1年以内に成婚を決めるには、ルックスをとことん磨く必要があります

注意しなければならないのは、ルックス磨きが的外れな自己満足にならないようにすること。

女性ウケするルックスと男性ウケするそれとは異なります。

「男性から美人と認定されること」というゴールを見失わないようにしましょう。

最も簡単なのは、服装とヘアスタイル、メイクはオシャレさを狙わず、わかりやすい“美人風”にすることです。

コンサバティブで柔らかく女性らしい雰囲気を作れば、男性から見た美人度は一気に上がります。

②1か月に最低10人の男性と会う

アラフォー女性が1年以内に成婚するには、短期間でいかに多くの男性と会えるかが勝負です。

たくさんの男性と接することで男を見る目が養われ、自分に本当に合う人はどんなタイプなのかわかるようになります。

アラフォー女性の婚活では年齢がネックになるのは否定できません。

アラフォーの女性でも許容範囲としてくれる男性の中から最も良いお相手を選び出すには、やはりできるだけたくさんの男性と会って自らを売り込む必要があるのです。

週末は婚活にあてる

成婚を果たすまでは婚活を私生活の最優先事項にすると決め、週末は婚活にあてることをおすすめします。

1か月に10人以上の男性と会うという決まりを自分に課し、毎月必ず達成してください。

目標ではなくノルマと捉えるのが達成のコツです。

③同窓会には必ず顔を出す

1年以内に成婚を果たす裏技は、新たな出会いだけではなく過去の出会いを掘り起こしてみることです。

おすすめなのは学生時代の同窓会に顔を出すこと

独身の男子がゴロゴロ残っている可能性があります。

新しく知り合った男性との関係を一から築いていくのはとても大変です。

同級生なら気心が知れている

1年以内に成婚を果たすなら、相手の性格から仕事、家庭環境、金銭感覚、ライフスタイルなど結婚に関連する情報を短期間で集め、結婚相手としてふさわしいか見きわめなければなりません。

その点、元同級生なら生まれ育った環境が似通っていることも多く、お互い気心が知れているという強みがあります。

同窓会で意気投合すれば、トントン拍子で成婚に至る可能性もありますよ。

学生時代からのつながりが切れてしまっているというのはとてももったいないことです。

FacebookなどSNSを利用して、同級生たちとつながってみることをおすすめします。

④同時交際に罪悪感を持たない

婚活する中でも一途さを捨てられない女性は少なくありません。

いいなと思える相手と出会えたら、他の男性との関わりはすべて断ち切って彼一筋になってしまうアラフォー女性も多いのではないでしょうか。

ピュアでまっすぐなのは素敵なことですが、1年以内での成婚を目指すならその一途さは裏目に出てしまうおそれがあります。

タイムリミットは1年。

そのうち1~3か月は交際期間にあてることになります。

3か月を一人の男性に捧げた場合、もしうまくいかなかった場合にはまた1からのスタートとなります。

1年以内の成婚を目指すには、それでは効率が悪すぎるのです。

新しい出会いを探し続けるべき

何度かデートする相手ができても、新しい出会いを探し続けるべきです。

毎月のノルマは少し下げても結構ですが、相手から結婚を前提とする交際を申し込まれるまでは新たな出会い探しをやめないことをおすすめします。

⑤早い段階で相手の親に会わせてもらう

結婚を意識する相手と出会えたら、なるべく早い段階で自分の親に会わせ、相手の親にも挨拶させてもらいましょう。

双方の親を巻き込んで外堀を埋めることで、結婚話は否応なしに前進するでしょう。

また、万一相手の親に結婚を反対されたときのリスク回避という意味もあります。

ほかのお相手候補をすべて切り捨て、1対1の真剣交際となってから相手の親に交際を反対されてしまうと、婚活がまた振り出しに戻るおそれがあります。

成婚まであと一歩のところで再びゼロに戻るようなことになったら1年婚活は達成できません。

早い段階で相手の親に会えば、交際を反対された場合でも、①彼と協力して説得する、②他の相手との関係を進めるなど、進退を主体的に考えることができます。

アラフォー女性の婚活は知性で勝負

いかがでしたか? 

アラフォー女性はどうしても年齢の面で不利な戦いを強いられますが、年齢ならではの強みがあることも忘れないでください。

大人の女性としての魅力や合理的に動けるクレバーさは経験を積んだアラフォー女性だからこそ持ち得るものです。

逆境をはねのけ、1年で素敵なご縁を手に入れてくださいね。