ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

アラフォーの再婚は積極性が命

再婚したいアラフォー男女にお勧めの婚活方法とは?

再婚したいアラフォー男女にお勧めの婚活方法とは?

アラフォーになると、男女共に出会いは減ってくるものです。さらにバツイチや子持ちなどの事情が加わると、結婚はいっそう難しくなるのではないかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。 確かにバツイチの婚活には苦労もありますが、一度は結婚できたあなたなのですから必ず道は開けます。ここでは、再婚したいバツイチのアラフォー男女におすすめの婚活方法を見ていきましょう。

二度目のチャンスで幸せをつかめ!

一度目の結婚が離婚に終わったとしても、その反省を踏まえて新たなスタートを切れれば次こそうまくいくはずです。

離婚のダメージから回復し、再婚を考えられるようになったときがあなたの再婚適齢期です。

一方、アラフォーともなるといわゆる自然な出会いは減ってきます。

再婚を願うなら、自分から積極的に出会いを探しにいかなければなりません

ここでは、再婚したいアラフォー男女におすすめの婚活方法をご紹介します。

①再婚者向けの婚活パーティーを利用する

バツイチや子持ちの方との結婚には、いろいろ考えなければならないことがあるのは事実です。

結婚式は挙げてもよいのか?

相手の連れ子とうまくやっていけるか? 

バツイチの相手を自分の親に紹介したとき、結婚を認めてもらえるだろうか? 

等々、様々な疑問や不安が生じてきます。そのため、婚歴のある相手は最初から結婚対象から外すという人もいます。

恋愛での相性はよくても、結婚となるとまた話は別なのが厄介なところです。

ただ恋愛を楽しむだけでなく結婚を前提とする交際をしたいなら、婚歴のあることを当初から受け入れてくれる相手を探すのが最も効率的です。

婚活パーティーは気軽に試せる婚活方法

バツイチの人の中には、同じバツイチの人のほうが境遇を理解してくれるだろうと考える人もいます。

初婚者の中にも、アラフォーまで結婚できなかった人より、まがりなりにも結婚できた人のほうが魅力があるのではないかと考える人もいます。

事前の準備もいらずお金もかからない婚活パーティーは、最も気軽に試せる婚活方法です。

最近では様々なテーマを掲げた婚活パーティーが開催されています。

「再婚者同士」「バツイチOKな人」など再婚者やバツイチに理解のある人向けのパーティーなら、バツイチさんも気後れなく参加できます。

パーティーでは気の合う同性と友達になれることもあります。

バツイチならではの悩みなどを話し合える“バツイチ婚活仲間”をつくると、婚活をがんばる気力が湧いてきますよ。

②結婚相談所に登録する

好条件であればバツイチというハンディキャップを吹き飛ばすことができるというのが婚活の現実です。

バツイチでも高収入だったりルックスが良かったりなど条件のよい人、もしくはお金がかかってもよいから真剣度の高い相手を見つけたいと思っている方は、結婚相談所が向いています。

まず条件から相手を判断する結婚相談所はハイスペックさんが有利に戦える戦場です。

とはいえ、やはりお相手は離婚の理由を気にします

浮気やDVなどで離婚したのではないかと勘ぐられないようにするには、先手を打って相手の不安を封じる作戦がおすすめです。

離婚に至った理由をプロフィールにあらかじめ記載し、バツイチへの心理的な抵抗感を和らげる努力をしましょう

ポイントは、離婚の詳細には踏み込まず簡潔にまとめること、そして経験によって学んだことを次の結婚で生かしたいというポジティブな気持ちをアピールすることです。

離婚について自分からオープンにする

また、実際のお見合いにこぎつけたら、離婚について自分から話してください

相手は離婚の経緯を聞きたくても、直接聞くのはためらってしまうものです。

あえて自分から話題にすることで相手に安心感を与えることができますし、誠実な人だと評価してもらえるでしょう。

離婚に至った事情を説明する際は、元配偶者のことを一方的に悪者にしないように注意してください。

離婚の直接的な原因が相手にあるとしても、自分は100%被害者だという態度はNGです。

自分の至らなかった点を反省する姿勢を示してください。

あなたに落ち度がまったくなかったとしても、「人を見る目がなかった」という謙虚さを表すことが大切です。

③周囲の人に紹介を頼む

婚活パーティーや結婚相談所では、今までまったく接点のなかった相手と一から関係を築いていくことになります。

アラフォーともなると、価値観やライフスタイルがすでに確立していますから、すりあわせていくのがなかなか難しいこともあるかもしれません。

その点、知人からの紹介なら、お互いを知っている人が間に立っているという安心感があります。

信頼できる知人に、再婚を考えている旨を相談してみるのはとても有意義です。

「あなたに合いそうな人がいる」と、相性の良さそうな相手を紹介してもらえるかもしれません。

婚活の前に自分の環境を整える

知人からの紹介では、共通の知人がいる分、お互い不誠実な真似はできないというメリットがあります。

また、紹介者はお相手にあなたのことを好意的に宣伝してくれるでしょう。

バツイチだという事情も、あらかじめ第三者からソフトに伝えてもらったほうが後々楽です。

注意しなければならないのは、良い人を紹介してもらえるかはあなたの日頃の行いにかかっているということです。

紹介する側にも責任が生じますから、問題ありな人を知人に紹介するわけにはいきませんよね。

仕事や育児などがんばるべきことをきちんとがんばっていれば、ちゃんと見てくれる人はいるものです。

本格的に婚活を始める前に、まずは生活を整え、やるべきことをきちんとやることを意識してくださいね。

再婚したいと思ったときが二度目の適齢期

いかがでしたか?

条件が先行しがちな婚活では、バツイチというだけで不利になる可能性は否めません。

ハンデを跳ね返せるかどうかは、あなたの良さを相手にどれだけ理解してもらえるかにかかっています。

同時に、バツイチということへの不安を払拭してあげる心遣いも大切です。

最初の結婚で相手を幸せにできなかった分、再婚では相手の幸せを第一に考えたいことをしっかりアピールしましょう。

離婚も貴重な人生経験と捉え、前を向いて婚活に臨んでくださいね。